下肢静脈瘤の治療法

ストリッピング手術(下肢静脈瘤抜去手術)

現在までの標準的な治療法。

現在までの標準的な治療法。
下肢静脈瘤の原因となる足の静脈の中に針金を挿入して、静脈を抜き去る手術です。全身麻酔など強い麻酔をかけて、術後数日間の入院が必要となることが多いです。
血管内レーザー治療と比べると重篤な合併症をきたす可能性があります。
ストリッピング手術が適応となる下肢静脈瘤のほとんどは血管内レーザー治療が可能です。

PAGE TOP