下肢静脈瘤の治療法

下肢静脈瘤の種類や程度によってさまざまな治療法があります。
基本的には正しく血液を送ることができなくなった血管をふさぐか、
血管そのものを取り除くことです。
治療しなければならない血管は、実はこぶのように膨らんだ部分ではなく、
離れた所にあって目で見えないことがおおいです。
皮膚の上から診ることによってどんなタイプの静脈瘤かは診断できますが、
治療法を考えるときにエコー検査で血管の太さや、
壊れた静脈弁がどこにあるのか調べる必要があります。

PAGE TOP