下肢静脈瘤の種類と症状

足の静脈が太く浮き出ている、もしくは瘤のように膨らんだ状態をいいます。
下肢の血液は、静脈によって高い所にある心臓に運ばれます。
そして静脈には血液の逆流を防ぐための弁がついており、
血液が重力に負けて下へ逆流しないようにくい止めています。
この逆流防止弁は、足の付け根や膝の裏など、
深部静脈との合流部で壊れやすく、
これが原因で血液は逆流し、
足の下の方に血液が溜まり、
静脈がこぶのように膨らむのです。
また、静脈瘤の多くは太くなっているばかりではなく、
曲がりくねっているものもあります。
症状としては、足の血管がこぶのように膨らんだり、
足がつる、むくむ、疲れやすい、皮膚が変色した、かゆい、
といったものが多くみられます。

PAGE TOP